JR東海道線「辻堂」駅直結 テラスモール湘南3階 テラスモール歯科クリニック

メール予約

TEL:0466-90-4618

診療時間
10:00〜21:00

インプラント治療について

インプラントのメリットとデメリット

「インプラントをしてみたいけど、ちょっと不安・・・」と感じている、
辻堂・藤沢・茅ヶ崎の皆様へ。

歯が抜けた部分に⼈⼯のネジを入れる治療と聞くと、誰でも不安になりますよね。それは当然だと思います。メリットだけしか聞かずにインプラント治療を受けるのは危険です。デメリットもしっかり理解したうえで、治療を受けられることをお勧めします。

インプラントのメリット

天然の歯を削らずに治療できる

ブリッジなどの治療ですと、前後の歯を大きく削る必要があります。
そのため、前後の歯の寿命が著しく短くなりますが、インプラントは前後の歯をまったく削る必要がないので、残っている歯にとっては負担がない治療です。

見た目が天然の歯と同じようにキレイ

入れ歯だと銀歯、ブリッジだとバネが見えてしまいますが、セラミックのかぶせ物を入れるインプラントなら、天然の⻭と同じような⾃然な見た目になります。

天然の歯と同じように強い力で咬める

天然の歯と同じように強い力で咬めるので、食事がとってもしやすいのが利点です。
入れ歯の場合、強く咬むと沈むため、咬む力が天然の歯と比べて30%ほどまで低下してしまいます。

治療後の違和感がほとんどない

入れ歯の場合、どうしてもお口の中で違和感が強くなります。
その点、インプラントは天然の歯と同じような咬み心地なので、ほとんど違和感がありません。

周囲の歯に負担をかけない

これはとっても重要なことですが、入れ歯もブリッジも周囲の歯に支えてもらう構造なので、必ずその過剰な負担によって、残っている歯の寿命が短くなってしまいます。
その点、インプラントはあごの骨が支えるので、他の歯にまったく負担をかけません。

外れることがない

インプラントはセメントで固定するので外れることがありません。
入れ歯の場合、外食の際に外れることを心配される方がいますが、インプラントであれば、そうした⼼配ごとから解放されます。

インプラントのデメリット

費用がかかる

歯科治療の多くは、材料を選ばなければ保険が適用されますが、インプラントの場合、例外なく保険が適用されません。
そのため、他の歯科治療と比べて費用がかかります。
「しっかり咬めるようになりたい」「残っている歯を長持ちさせたい」とお考えの方に適している治療法です。

治療期間が長い

最近はすぐにかぶせ物をして咬めるようにするインプラント治療もありますが、長期的に見ると、かなり“もち”が低下します。
しっかりとしたインプラントをお望みであれば、適切な治療期間が必要です。
⼀般的には、下顎で3ヶ月、上顎で4ヶ月程度の治療期間が必要です。
ただし、毎週通う必要はありません。
骨と結合するのを待つ時間が長いので、1ヶ月ほど通院の間隔が空くこともあります。

全身への影響から、治療できない人もいる

インプラント治療は、顎の骨に人工のネジを入れる治療です。
時間としては1時間程度で終わる治療ですが、糖尿病の状態が悪い方、心臓に持病のある方などには、全身への影響を考慮して治療できないケースがあります。
インプラント治療をご検討の際は、歯科の担当医だけでなく、内科の先生にも相談することをお勧めします。

歯科医師にCT撮影などの経験がないとトラブルに

インプラント治療は、外科治療のひとつです。
そのため、歯科医師にインプラント治療の経験がなかったり、CT撮影で骨や神経の状態がきちんと検査できていなかったりすると、インプラント治療がうまくいかず、トラブルを起こす可能性があります。

定期的な歯周病対策が重要

天然の歯の場合、顎と歯の間にある「歯根膜」という靭帯が細菌などの感染を守る役割を果たしています。
しかし、顎の骨と直接結合しているインプラントには歯根膜がありません。
そのため、天然の歯よりも注意して毎日きちんと歯磨きしたり、定期的なクリーニングを受けたりして汚れをしっかり取らないと、歯周病が進みやすくなってしまいます。

メールで予約

年中無休 10:00~21:00
TEL:

歯でお困りの事があれば
お気軽にご連絡ください

インプラントの保証

インプラントのメンテナンスについて

上部構造(インプラントの上の歯):3年保証、インプラント本体:段階的な10年保証

インプラントを長持ちさせるためには、毎日のブラッシングが必要ですが
その他に歯科医院でしか行えない、クリーニングとチェックの方法がございますので
年に1~2回の定期検診を受けて頂きます。

インプラントの患者さんには定期的に当医院よりお電話で時期をお知らせし、
検診予約を取って戴き、必ず年間最低2回のチェックを受けて戴いております。

チェック項目

「インプラントをしてみたいけど、ちょっと不安・・・」と感じている、
三越前・新日本橋・小伝馬町・神田の皆様へ。

歯が抜けた部分に⼈⼯のネジを入れる治療と聞くと、誰でも不安になりますよね。それは当然だと思います。メリットだけしか聞かずにインプラント治療を受けるのは危険です。デメリットもしっかり理解したうえで、治療を受けられることをお勧めします。

インプラントの保障について

インプラント治療は安心・安全を優先し、末永く使っていただきたいと思っています。
しかし何かしらのトラブルに見舞われてしまった場合には安心の保証制度を設けております。
よりご安心いただけるための仕組みとなっております。

<インプラント本体の段階的な10年保証>

フィクスチャーは5年間、100%クリニック負担にて保証。
その後、6年⽬より段階的にクリニック負担割合は減りながら、10年間の保証。
(下図参照)

フィクスチャー保証期間と割合

上部構造物は3年間、100%クリニック負担にて保証。
(下図参照)

上部構造物保証期間と割合

定期的なメンテナンスを受けていてもインプラントのトラブルがあった場合、 使用期間に応じて修理、再製作の費用をクリニックで負担いたします。
もちろんその後もメンテナンスを続けることにより末永く使っていただけるものです。

※上記保証には定期的なメンテナンスが必須です。 調子が良くても定期的にお越し下さい。
このチェックに応じていただけない場合にインプラントに関するトラブルが発生したときには、一切の責任は負えませんのでどうかご了承ください。

メールで予約

年中無休 10:00~21:00
TEL:

歯でお困りの事があれば
お気軽にご連絡ください

インプラントのQ&A

前歯でインプラントが不可と言われた

「前歯のインプラントはできない」と言われ、ブリッジを勧められました。
ブリッジだと隣の歯を削らなければいけないと聞きましたが、本当にインプラントはできないのでしょうか?
Dr.福成 Dr.神田
歯が抜けた後の治療について、多くの方が悩まれています。
特に、抜けたのが前歯ですとなおさら気になりますよね。
今回のご質問ですが、抜けた部分の骨が薄いなどの理由で「インプラントはできない」と言われた可能性があります。
前歯はもともと骨が薄く、歯が抜けると時間の経過とともにさらに骨が痩せてきてしまうので、インプラント治療の難易度が高い場所です。
ただ結論からお話すると、インプラント治療は可能です。
なぜなら、もし仮に骨が薄くても、骨の治療によって厚みが増せば、安全にインプラント治療が行えるからです。
なお、前歯のインプラント治療をご希望の方には、注意していただきたい点が4つほどあります。
1)インプラント治療を行う前に、骨の治療が必要かもしれません。
2)骨の治療から始めると、その分、治療期間が長くなります。
3)骨の治療は、通常のインプラント治療よりも難易度が高いため、経験の豊富な先生やインプラント認定医のいる歯科医院で治療を受けることをお勧めします。
4)骨の状況をしっかり把握するためにも、CT撮影が必須となります。
また、インプラント治療においては、周囲の歯の状況や咬み合わせの問題などもしっかりと考えて治療するのがとても大切です。
そのため、残っている歯についてもきちんと診査してくれるクリニックが良いでしょう。
インプラント治療には、「インプラントを入れたら終了」というイメージがありますが、治療後、どれだけ長くインプラントがもつのかが最も大切なことなので、しっかりとメンテナンスしてもらえる歯科医院を選んでください。 まずは、いくつかの歯科医院でインプラントの相談をして比較検討し、ご自身が良いと感じた先生のところで治療を受けることをお勧めいたします。
メールで予約

年中無休 10:00~21:00
TEL:

歯でお困りの事があれば
お気軽にご連絡ください

年中無休!土日祝も夜9時まで診療
10:00~21:00